水虫 酢

Image Replacement

あいまいな水虫の治療期間

m05.jpg

水虫の治療期間について

ここでは水虫の治療期間について調べてみました。

よく質問サイトで水虫の治療期間についての質問を見かけますが、水虫は治療をはじめてからどのくらいで完治するのでしょうか。いろいろな資料や情報を調べてみましたので興味があればご覧ください。

足にできる水虫は患部にぬり薬を塗り続ける治療法が行なわれます。この治療法は一般的に1ヶ月から半年間で完治するといわれていて、完治する期間に大きな期間の開きがあります。

さらに爪にできる爪水虫では飲み薬が効果的とされていますが、半年から1年間で完治するという情報と、爪水虫は爪が生まれ変らないと完全な完治とはいえず最低1年間は治療が必要という情報もありました。

またまたある情報サイトでは、水虫患者の水虫歴?なる水虫菌(正確には白癬菌)の保持期間によって水虫が完治する期間が異なってくるという説もあります。たとえば3年間の水虫菌保持者なら完治には1年半かかり、1年の保持者でしたら完治には1年かかるというものでした。

★足の水虫 治療期間は、1ヶ月から半年?
★爪水虫 治療期間は、半年から1年?
★爪が生え変わる1年で完治という情報?
★水虫歴で完治期間が異なる?



どれもこれも、あいまいな期間ばかりです!

専門医の意見も、研究者や製薬会社の見解もバラバラです。
いったいどのくらいを目安に水虫治療をしたらよいのか
完治までの目標も見通しも立てられません。

実はこのあいまいな情報には少しウラ事情があるらしいのです。
そのあいまいな治療期間の訳を少しお話しします。


民間療法という治療法をご存知ないですか?
昔から伝わる病気の治療法や、自宅でできる治療法を民間療法といいます。つまりお医者さんには頼らず、病気を自力で治す方法として存在する家庭の医学みたいな病気の治療法です。

その民間療法のなかでも水虫治療に効果的とされているのが、
「お酢」を使った水虫治療法です。(有名です)


お酢には殺菌効果があり昔から水虫退治には「お酢」に足を浸けてあげると治るとされています。実際にお酢を使って水虫を完治させた方は大勢いますし、よくお酢を使う料理人(板前さん)は水虫にかからないともいいます。これは紛れもない事実でお酢には殺菌効果があるという証明なのです。


ただこのお酢の効果を真っ向否定する人たちもいます。

お酢は刺激臭がすることから水虫が治ったとしても足が臭くて外出できないとか、
お酢に足を浸けたら皮膚がただれたという情報。お酢は水虫薬の1万分の1程度の効果しかないなどという専門家の意見もあります。

なにを根拠にお酢の効果を否定したいのでしょうか?

簡単です!

お酢などで簡単に水虫が治ってしまっては困る方たちがいるからです。
お金もかからず、誰でも自宅で簡単に水虫が治ってしまっては都合が悪いのです。


もうおわかりですね!

逆を言えばお酢には水虫を治す絶大な効果があるからこそ否定したくなるとも考えられます。
事実、大勢の方がお酢で水虫を完治させているのですから。


ただお酢には正直、強い刺激臭があることは確かな情報です。
水虫には効果があるけれど臭いんです!


でも最近では水虫の研究も進み、お酢に変わる方法でも水虫を治療できることがわかってきたのです。民間療法のなかに含まれる治療法のひとつですが、お酢のような刺激臭がなく効果も高い方法です。

あいまいな水虫の治療期間

水虫専用、酢の使い方

水虫かゆみの原因